資金繰りを改善できるファクタリング

subpage01

ファクタリングは中小企業の資金繰りを改善する資金調達法として注目されています。多くの企業には売掛金が存在しますが、通常、支払期日が来るまで回収できない売掛金を業者に買い取ってもらい、早期に資金化できるのがファクタリングです。早期に資金化できる分、掛目、手数料、審査料、諸経費などが引かれ、全額が手元に入る訳では無いですが、資金に余裕ができるメリットは企業を経営する上でとても大きいと思います。

今までになかったファクタリングならこちらのサイトがオススメです。

資金調達法として銀行の融資と比較してみると、銀行の融資が借入金なのに対して、ファクタリングは売掛金の売買です。

借入金には利子が発生するため、後々資金繰りを圧迫する可能性があります。また、審査で重要なのは売掛先の企業なので、売掛金があれば自社の経営状況に左右されません。

ファクタリングには三社間契約と二社間契約があります。
2つの契約は売掛金の回収に違いがあり、三社間契約では売掛先から業者に売掛金が支払われるのに対し、二社間契約では集金業務委託を受けた自社が売掛金を回収し、業者に支払います。

三社間契約は売掛先企業の承諾が必要なため、債権譲渡の理解が得られない場合や、売掛金を早期に資金化していることを知られたくない場合は二社間契約の成立を目指すことになります。



ファクタリングサービスは、扱う業者によってサービスの質は様々です。



契約方法、サービスの質、資金化までのスピードなど、複数の業者を比較して依頼先を選択するのが良いでしょう。