• iPhoneXの電池の持ちが悪くなったら場合の対策

    iPhoneXのバッテリーの最大駆動時間は、通話では21時間、インターネット接続では12時間で、iPhoneの初代モデルと比較すると少なくとも2倍以上になっており、1度バッテリーを満タンにすると比較的長時間充電せずに使い続けることができます。


    しかし、バッテリーは消耗品であり、充電と放電を繰り返す中でだんだん電池の持ちが悪くなっていきます。

    iPhoneX情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

    iPhoneXを使い続けていく中でバッテリーの持ちが悪くなった場合は、発売元のメーカーの直営店や、正規店として認定を受けた店舗にその旨を相談すれば、iPhoneXの内部のバッテリーを交換してくれます。


    しかし、メーカーにバッテリー交換を依頼すると端末が初期化されてしまうため、この方法はあくまで最後の手段としておき、まずは設定の変更によってバッテリーの消耗を抑えることを考えましょう。



    例えば、携帯端末のバッテリーの消耗を抑える典型的な方法の一つに、画面を必要以上に明るくしないように設定する方法がありますが、これはiPhoneXでも有効です。

    設定画面で明るさ自体を変更したり、明るさの自動調整機能を使わないようにしたりすることで、バッテリーを長持ちさせることができるでしょう。


    また、Wi-Fi接続をしない場合に機能をオフにする方法や、バックグラウンドで起動するアプリの数を抑える方法、低電力モードで使用する方法など、iPhoneXのバッテリーの持ちが悪いと感じるようになったときにとれる対策法はたくさんあります。