白浜にある3つの海水浴場

南紀白浜は、関西の一大リゾート地として毎年多くの人たちが訪れる人気スポットで、3つの海水浴場があります。

ここではそれぞれの特徴や注意点などについて紹介していきます。まずは江津良海水浴場です。ビーチの目の前にバス停があるアクセスの良さと、波が穏やかで小さいお子さん連れでも安心な点が特徴です。シャワー付きの更衣室やトイレといった設備も併設されており、駐車場も目の前にあるなど環境が整っているのも魅力です。ただ、周辺には飲食できるところがほとんどないので、道中で必要なものを買い揃えておくと良いでしょう。

ビーチだけでなく磯場もあってカラフルな熱帯魚などを観察できるのが臨海浦海水浴場です。ビーチには小さな砂利が混じっているので、寝そべったりするのには向いていませんが海の生き物観察するのが好きな人にはオススメです。磯場には尖った岩場も多いので、手袋やマリンシューズなどを用意しないと怪我をしてしまうこともあるので注意しましょう。白浜で1番有名かつ最も大きく、多くの人が訪れるのが白良浜海水浴場です。

白浜の代名詞とも言える白い砂のビーチがとても綺麗で、市が運営する駐車場や温泉施設なども併設されているという施設面の魅力もあります。周辺には多く、手ぶらで行っても必要なものが揃うのも嬉しいポイントです。ただ、多くの人が訪れるため、時期によってはキャパシティーを超えるほどの混雑が発生することもあるので注意しましょう。それぞれに違った魅力を持つ白浜の海水浴場の特徴や注意点を考えながら、目的に合った場所に出かけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *