旅行関連で利用する大阪への夜行バスの利点とは?

東京から大阪の移動手段の一つでもある夜行バスは旅行関連で使えば朝早くから行動ができる、旅費を節約できるなどのメリットがあります。

新幹線や飛行機などを使って東京から大阪まで出かけた場合、新幹線であれば東京駅を6時頃の電車を使わなければなりません。到着時刻は約2時間半後の8時半頃になります。飛行機の場合も、6時頃の便を使っても目的地に到着できるのは7時半頃になります。

8時半や7時半の時間帯に到着できるのであれば旅行関連で使うのも便利などのイメージがありますが、飛行機の場合は飛行場からの移動時間、新幹線などの場合は東京駅までへのアクセスが可能になるのか否かで利用の可否も変わります。始発電車を使って東京駅に6時前に到着できる範囲であれば利用もできますが、始発電車を使っても東京駅に6時前までに到着できなければ乗車ができません。これに対して夜行バスは夜の9時頃から11時頃に東京エリアを出発するので、アクセスにも便利ですし、会社を終えてから夜行バスを使いたい時にも便利です。

夜行バスの便には色々な種類がありますが、早朝に到着できるので日帰りなどでの旅行関連の時にも融通が利くメリットもあります。前の日の午後11時頃に新宿駅を出発、新大阪方面には早朝5時や6時頃に着くので、ここから観光を思い切り楽しむ、夕方の新幹線を使って東京駅に向かえば夜9時頃には再び戻って来ることができるようなスケジュールも作れるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *