大阪への旅行関連には高速バスがおすすめ

旅行関連で大阪へ行きたい場合、利用できる交通手段としてまず思い浮かぶのが新幹線でしょうか。

約2時間半で東京から大阪まで行けるのは魅力です。大阪は伊丹空港と関空の2つの空港が利用できるので、場所によっては飛行機を利用することが最も便利で早い方法かもしれません。ただしどちらも料金が高いという点が難点で、お金がない学生さんの旅行関連費を考えると厳しい面もあります。そこで高速バスを利用することを考えてみたいと思います。東京から大阪へ行く高速バスの場合、東京駅や新宿・池袋のバスターミナルから出発する便が多くあります。

「昼行便」と「夜行便」がありますが、料金に特に差はありませんが、観光で行くのなら寝る時間を移動に費やすことができる夜行便がおすすめです。道程は7時間から9時間ほどで、到着地の大阪には6時台から8時台に着きます。高速バスの車内のシートの配列は、真ん中に通路があって両側に2席ずつある「4列シート」が基本になります。他に通路が2本あって、シートが3列になるタイプがあります。「3列シート」と呼ばれますが、シートが隣り合っていないので隣の人のことを気にせずに座れます。

旅行関連で複数の友人同士ではなく一人旅ならこのタイプがおすすめです。また女性専用の高速バスもあり、男性に対して不安にならず、気持ち悪いオジサンの隣になることもなく安心して乗車することができるでしょう。座席数を減らしてしっかりリクライニングできたり、フットレストが付いていて脚を伸ばせたり、顔を覆うフードが付いていて寝顔を見られないようにしてくれるものもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *